見上げた空に

【タイトル】
見上げた空に
※タイトルは仮

【主な登場人物】
・夏彦(弟)
・琴音(姉)
・女性(二十歳位)
※名前は仮

【プロット】
病院の一室。
12歳位の少女(琴音)がベッドに寝ている。
その傍らには8歳位の少年(夏彦)がいる。

琴音「今日も水泳教室だったの?」

夏彦「うん。今日も僕が一番だったよ。」

琴音「夏彦なら世界で一番になれちゃうかも。」

夏彦「世界で?」

琴音「そうだ。」

琴音、横の机からカラフルな銀紙に包まれた
ウズラ卵のようなものを取り出す。

夏彦「あっ、トゥインクルチョコレート!」

琴音、夏彦にチョコを手渡す。

琴音「開けてみて。」

夏彦、銀紙を取り、卵型のチョコを半分くらいかじる。
中には星型のコンペイトウのようなものが入っている。
夏彦、星型のお菓子を琴音に渡す。

琴音「すごい!大きいのは中々出ないのに。」

夏彦、得意気に

夏彦「へへ…」

琴音、星型のお菓子を開いた窓の空に掲げる。
琴音、何か言葉を発する。
夏彦、それを聞いて何か返答する。
二人の笑顔。


昼下がり。一雨きそうな空模様。
商店街を歩く男子高校生(夏彦)。
右腕にはギプスをしている。

商店街の一角に笹があり、たくさんの短冊が掛かっている。
脇のテーブルには短冊やマジック等が置かれている。

夏彦、立ち止まり、横目にそれらを見る。
夏彦、周りを気にしつつ、意を決して丸椅子に座り、短冊とマジックを手繰り寄せる。
夏彦、口でマジックのふたを取り、短冊に文字を書こうとする。
が、左手ではうまく書けない。
夏彦、しばし奮闘の後、イライラしてきて、短冊をくしゃくしゃにする。
夏彦、横目でカバンにぶら下がっている定期入れを見て、開く。
中には子供の頃の夏彦と琴音の笑っている写真が入っている。
夏彦、空を見上げる。

空から、雨粒が落ちてくる。
やがて細かい雨が止め処なく降ってくる。


公園の藤棚。
その下のベンチに一人の女性が座っている。
そこへ、夏彦が小走りに雨宿りに入ってくる。
夏彦、多少気まずさを感じつつも、若干距離を取り
何するわけでもなく空を見て立っている。

突然、女性が独り言とも取れるような言葉を発する。

女性「雨…。」

夏彦、軽く驚きつつ、女性を見て

夏彦「えっ…。」

女性「せっかく今日は七夕なのに。」

夏彦「はあ…。」

女性、夏彦の腕を見て

女性「…腕、大丈夫?」

夏彦「はい。水泳の練習中にちょっと。」

女性「そうなんだ…。
   今日は七夕だし、早く治るようお願いしてみてもいいかもね。」

夏彦、苦笑いで

夏彦「…最近は記録も頭打ちで、そっちをお願いしたほうがいい気がしてます。」

しばしの沈黙。

女性「そうか…。」

女性、空を見て

女性「でもこんな天気だと、織姫と彦星の逢瀬を見ることもできないね。」

夏彦「織姫彦星から見れば、こんな辺境の地の天気なんて、どうでもいい事だと思いますが。」

女性「それもそうね。でも、世の中には面白い事を考える人もいて、物事は観測者がいて
   はじめてその事象が定義される、という考え方もあるんだって。」

夏彦「は?」

女性、いたずらっぽく笑いながら

女性「織姫と彦星も誰かが観測してはじめて、逢瀬が叶うという見方もできるのよ。」

夏彦「はあ。まるで織姫と彦星の逢引きを実際見てきたような口ぶりっすね。」

女性、否定も肯定もせずひとしきり笑った後

女性「でも、誰かが自分の事を忘れないで見ていてくれるのは
   とても救われた気持ちになると思わない?」

夏彦、ハッとする。

女性「少なくとも、私はそうだな。…そうだ。」

女性、ポケットから銀紙に包まれた卵型の物を取り出す。

夏彦「それは…。」

女性、銀紙をはがしながら

女性「このチョコレート、子供の頃はよく買ってもらったけど、最近はあまり
   見かけなくなったね。」

女性、チョコレートを半分ほどかじる。
女性、中身の星型のお菓子を取り出し、立ち上がる。

女性「ちょっとこっちへ来て。」

夏彦、神妙な面持ちで女性の側へ近づく。
並ぶと夏彦の方が頭1つ背が高い。
女性、夏彦を見上げる。
夏彦、少し緊張する。
女性、そのまま空を向く。

女性「雨、止んだね。」

気づけば、雨は止み、夕暮れの空が広がっている。
女性、ベンチの上に昇り、手に持っていた星型のお菓子を空に掲げる。
夏彦、その光景を見て、あの日の病院のシーンを思い出す。

病室で、琴音が星型のお菓子を窓の空に掲げた場面。

琴音「ほら、見て。一番星。」

夏彦「ホントだ!」

琴音「夏彦が、世界で一番をとれますように…。」

夏彦「姉ちゃんの病気が良くなって、カナヅチも治りますように!」

琴音「ふふ…。」

夏彦「ハハ…。」

夏彦、琴音「アハハ…。」

夏彦、我に返る。

女性、寂しそうな笑顔で

女性「夏彦、私はずっと夏彦の事を見てるからね。」

夏彦、涙が一筋流れる。

夏彦「姉ちゃん…。」

次の瞬間、その場には夏彦だけが立っている。
夏彦、涙をこらえてうつむく。
ベンチには星型のお菓子が置かれている。
夏彦、それを拾い、握り締める。

夏彦「ありがとう…姉ちゃん。」

夏彦、涙を拭き、空を見上げる。
夕暮れの空には、いくつかの星が瞬いている。


商店街。
先ほどの笹に掛かった短冊の中に、ひとつだけ皺だらけの短冊が掛かっている。
その短冊には、たどたどしい文字で
『もう一度姉ちゃんに会いたい』
と書かれている。

<おわり>

茜と古本とStrange Summer

【タイトル】
茜と古本とStrange Summer
※タイトルは仮

【主な登場人物】
・茜(女子高生)
・男性客(20代前半位・常連客)
・祖父(茜の祖父・古書店の店主)
※名前は仮

【プロット】
夏、古書店の前通り。
茜が歩いてくる。

古書店の店内。
祖父、椅子に座って本を読んでいる。
扉の開く音。
祖父、そちらを見る。

入口には茜がいる。

茜「やっほー。おじいちゃん、手伝いに来たよ。」

茜、店内に入っていく。

祖父「いやあ、来たね。」

茜、周りを見渡しながら

茜「うへ~。相変わらず。これホントに売れるの?」
祖父「もちろん。ここには人類の叡智が詰まってると言っても過言ではないね。」

茜、祖父の座っている所まで来て鞄を下ろし、冷たく

茜「過言でしょ。」
祖父「部活はいいのかい?」
茜「うん。夏休みの間は午前だけだから。」

壁に掛けてあるカレンダーには昨日までの日にちに「×」がついている。

祖父「じゃあ、ちょっと店番をお願いしようかね。」
茜「まかせといて。」

祖父、ウソ泣きをしつつ、胡散臭い演技で

祖父「茜、お前にはいつも迷惑かけるねぇ…。」

茜もそれに乗っかり、祖父の肩に手をかけ

茜「それは言わない約束でしょ、おとっつあん。」

祖父、素に戻り、立ち上がりつつ

祖父「じゃ、じいちゃんは二階で在庫の整理をしてるから、何かあれば呼んでおくれ。」

茜、交代で椅子に座り

茜「うん。わかった。」

祖父、二階へと階段を上がっていく。
一転して、静かな店内。
茜、ポツンと椅子に座っている。

茜、鞄からスマホを取り出そうとする。
そこへ、扉が開く音がする。
茜、そちらを向く。
男性客、茜を見て、一瞬驚く。(いつものじいさんじゃない、的な)
茜、若干緊張した声で

茜「い、いらっしゃいませー。」

男性客、愛想笑いしながら店内に入る。
茜、軽く息を吐いて、気持ちを落ち着ける。

男性客、本を物色している。
しばらくの後(時間経過を背景等で見せる)
男性客、本を持って茜の所に持ってくる。

男性客「お願いします。」

茜、本を受け取って

茜「あ、はい。」

茜、裏表紙の値札を見て、驚きの声が出る。

茜「に、二千円!?」

茜、二階の方を見上げて

茜「おじいちゃーん!これゼロが一個多いんじゃない!?」

男性客、慌てて制止する

男性客「いや!大丈夫です!」
茜「え?」
男性客「その本、もう絶版で手に入らないものなんですよ。」
茜「あ…そうなんですか…。」

茜、顔を赤くして

茜「すみません…。」

男性客、笑顔でお金を差し出し

男性客「いえいえ。」

茜、顔を赤くしたまま、お金を受け取り、本を袋に入れて差し出す。

茜「ど、どうぞ。」

男性客、袋を受け取り

男性客「どうも。」

男性客、振り返り歩き出す。
男性客、扉を開け、外へ出て行く。
茜、顔を赤くしたまま固まっている。
祖父、階段から顔を出して

祖父「呼んだかい?」

茜、慌てて取り繕う

茜「なっ、何でもないわっ!」


別の日。古書店の店内。
カレンダーの「×」印が進んでいる。

茜、カウンターで客とやり取りしている。
茜、客に本を渡して

茜「ありがとうございましたー。」

客、本を受け取り、店から出て行く。
茜、少し一息つく。
茜、店内の一角に目をやると、先日の男性客が本を立ち読みしている。
茜、無意識にそちらを見る。
男性客、視線には気づかず本を立ち読みしている。
男性客、本を読んでいて、ふいに吹きだす。
茜、少し驚く。
そこへ、男性客の携帯が鳴る。
男性客、慌てて携帯を取り出す。

男性客「あ、もしもし。…うん。」

男性客、慌てて本を棚に戻して、店を出て行く。
その様子を見送っていた茜、男性客が戻した本が棚からはみ出ているのを見つける。
茜、席を立ち、その本の場所まで行く。
茜、その本を取り出して見る。
茜、本をパラパラとめくって見て、難しい顔をする。
茜、男性客の吹きだした所が頭をよぎる。
茜、パンと本を閉じて

茜「よし!」

茜、何かを決意する。


また別の日の昼下がり。
古書店の店内には客は誰もいない。
窓からは西日が射しこんでいる。
カレンダーの「×」印が進んでいる。

茜、カウンターに座って、先日の本を読んでいる。
静かな店内。
響くのはページをめくる音。外からのかすかな雑音のみ。

先程まで、差し込んでいた光が、次第にかげってくる。
やがて、日はすっかり雲に覆われ、夕立が降ってくる。

茜、本を読み終える。
茜、先日の男性客の吹きだした場面を思い出し、訝しげな表情になる。
茜、ふと窓の外を見る。

茜「雨…。」

そこへ、例の男性客が軒下へ雨宿りにやってくる。
茜、ぱっと表情が明るくなる。
が、すぐに表情が曇る。
軒下の男性客の隣には女性がいる。
男性客、茜のほうを見て、手で「ごめん」のポーズをする。
茜、軽く頭を下げる。
男性客、隣の女性と楽しげに話しをする。
茜、それを呆然と見ている。

次第に小雨になり、雲の切れ間から明かりが射す。
男性客と女性、楽しげに会話しながら歩き去る。

茜、軽く息をつき、立ち上がり、外へ出る。
雨上がりの空には虹がかかっている。

茜、虹を見て、笑顔になり、二階の方を見て

茜「おじいちゃん、虹だよー!」

祖父、窓を開けて顔を出す。

祖父「おお…絶景じゃのう…。」

茜「あのさー、読書感想文で書く本、店の本を読んでみたんだけどね。」

祖父、少し驚き

祖父「ほお。で、叡智に触れた感想は?」

茜、満面の笑顔で

茜「ぜんっぜん、わかんなかった!」

祖父「ふむ、茜に、うちの本はまだ早かったかのう。」

茜、背伸びして

茜「さ~て、もうひと頑張りしますかねぇ。」

茜、店内に入っていく。

<おわり>